介護政策 Nursing Political Measures

要介護認定の廃止

 要介護認定とは、利用者が介護を受ける際に介護サービスを受ける基準を判定するものです。しかし、この要介護認定があるせいで、利用者の受けるサービスが硬直化している問題が出ています。生活の実態を知ったケアワーカーがそれぞれの方に見合ったケアプランを作成すればよいのです。
 さらに、仮に介護職員の方々の努力により、要介護認定の度数が緩和されたとしても、介護施設にとっては何のインセンティブもなく、むしろ収入が減ってしまう。
 そこで要介護認定を廃止し、利用者が真に必要な介護サービスを受けられる体制を構築します。

介護職員の劣悪な労働条件の改善

 介護職員の労働条件が悪すぎるため離職率が向上し、また、新たな担い手が居なくなったりしている。介護に携わる方々が誇りを持ち、安定した収入で生活できるような労働条件に改善させます。

他業種と比較しても高い離職率

介護の予防

 スポーツジムにあるようなマシンで軽い筋トレを行うことで、加齢と共に要介護になるのを防いだり、介護度を改善します。