事務局ブログ

桜井充メルマガ「自粛要請」

2020年02月28日 (金) 14:28
新型コロナウィルスの拡散防止のため、政府から、来月15日までのスポーツや文化イベントの自粛が要請された。それを受けて、私も今週末に仙台で開催を予定していた進年会を中止した。宴会場では「3月の予約はほとんどキャンセルです」と悲鳴を上げており、確かに大変な問題だと思うが、いまはなにより感染の拡大防止を第一にしなければならない。
 
これまで感染拡大阻止のために行ってきた政策は、感染ルートを想定したうえで、そこからの感染を防ぐことを目的としていた。しかし、いま各地で発症している方の中には、必ずしも感染ルートが明らかではない場合も多い。こうした事から考えれば、今回の方針転換は評価できるが、逆に言えば、これまでの政府の対策は不十分だったということでもある。
 
感染ルートが明らかでない発症事例が増えているのだから、新型コロナウィルスはかなり広い地域に蔓延しているのではないかと思う。特に、人の交流の多い地域には、既に新型コロナウィルスが存在していると考えるのが普通だろう。
 
さらに言えば、感染者数も、実際には政府の発表よりもかなり多いのではないかと思う。公表される感染者数が少ないのは、検査数が圧倒的に少ないためだろう。新型コロナウィルスについては、不顕性感染や軽症の患者さんも多いと思われる。経過を観察しているうちに症状が改善し、検査にまで至らなかった例もあるのだと思う。
 
いまのところ、新型コロナウィルスで亡くなられた方は、やはりご高齢の方が多い。高齢者の方や、持病がある方は、感染した場合、重症化するリスクも高くなってしまう。そうした方々に限ったことではないが、まずは感染しないよう、手洗いや口腔ケアをまめに行うこと、そして体調管理を行うことが大切である。なるべく早く収束できるように、努力していきたいと考えている。
 
 
参議院議員・医師 桜井 充