事務局ブログ

桜井充メルマガ「​例年通り」

2019年01月11日 (金) 10:59
1月は新年会で忙しい。4日7時30分から始まる塩釜魚市場の開場式から、新年はスタートする。13時から仙台市の新年のつどい。その後、県南の村田の新年会に出席して、県北の大崎へ。支援者と食事に行って、一人で行きつけのお店に顔を出して、家に着いたのは23時過ぎだった。
 
5日は、6時30分から仙台卸売市場の初セリ。葬儀に参列した後、お昼に孫のお食い初め。夕方は多賀城市の新年会に出た後に、宮城県医師会の新年会。終わってから仲の良い先生方と懇親会。話題の中心は4月から5月にかけての10連休。診療をどうするか、医療関係者の悩みは深い。
 
6日は7時から名取にある閖上朝市。昼にもいくつかの会に出席して、歯科技工士会の新年会へ。その後七ヶ浜の新年会。夕方JR東労組の新年会へ。朝早い3日間が終わるとホッとする。
 
7日は11時スタートで、朝はゆっくり。泉区の賀詞交歓会のあと、東松島で法要に参列して、漁業を営んでいる市議会議員の方と意見交換。その後、石巻市の新年会に出席して、仙台に戻って連合の新年会へ。終わった後、東北労働局の人たちと意見交換会。この日の帰りは翌日になっていた。
 
8日は涌谷町の新年会だけで、その後上京。9日は帰仙後、大河原町で行われた、県南医療の勉強会に。厚生労働省から講師を招いて、地域医療連携推進法人設立に向けての意見交換を行った。仙台に戻り、印刷関係の新年会、その後、友愛会の新年会へ。終わってから、近所の人たちと意見交換会。栗原市の新年会には出席できなかった。
 
昨日は、川崎町の新年会の後、美里町の新年会へ。その後仙台に戻り、新年会4ヶ所。夜気仙沼三師会の新年会があるのだが、遠くて出席できず。参議院議員の選挙区は全県なので大変だ。おまけに、宮城県では国民民主党の国会議員は私一人なので、なおさらである。
 
でも、こうして多くの会に呼んでいただけることは本当にありがたい事。楽しみながら回ってきます!
 
 
 
参議院議員・医師 桜井 充
 
 
 
 
 
【秘書のつぶやき】
桜井充秘書庄子です。
寡聞にして知らなかったのですが、昨年11月、国連で「小農と農村で働くひとびとの権利に関する国連宣言(小農宣言)」が正式に可決されておりました。世界人口の増加による食料不足の深刻化を背景に、世界の農業の約7割を担う家族農業を中心とした小規模農業に真剣に向き合おうというものです。
国連は2030年までに飢餓をゼロにする目標を立てていますが、2017年には紛争や景気後退、気象現象を主要因に、飢餓人口が8億2千万人にも達しました。食料難解決の手立てとしては、国連食糧農業機関(FAO)がその栄養価を評価した昆虫食の商品化が進んでいるほか、人工たんぱく質や人工培養肉に関する研究も行われておりますが、こうした多角的な取り組みのなかで、小農が持つ地域社会と密接につながる力を改めて評価し、その可能性を引き出すことの重要性について、私もまた考えてまいりたいと思います。(庄子真央)