事務局ブログ blog page

2017年05月04日 (木) 18:48

桜井充メルマガ:「裏方の力」

5月に入って、春らしい天気が続いている。柔らかな風が心地良い。街を歩いている人たちも、明るく楽しそうに見えるのは気のせいだろうか。気候だけではなく、5月の1日と2日がお休みの人たちは、大型連休になっているので、そのせいかもしれない。
 
話は変わるが、我が楽天イーグルスは開幕ダッシュに成功して、好調を維持している。これを支えているのが、新人の投手陣である。菅原、森原、そして二軍落ちになってしまったが、高梨と昨年のドラフトで指名された選手たちである。
 
昨年の楽天は中継ぎ投手の出来が悪く、勝っていた試合をひっくり返されていた。その点、今年は逆で、勝っている試合を逃げ切るのは勿論だが、負けている試合でも中継ぎ陣が頑張り、攻撃陣が打って、試合をひっくり返している。
 
今年好調なのは選手や監督そしてコーチの頑張りもあるだろうが、スカウトの力が大きいと感じている。一昨年あたりから、身体能力の高い選手を指名するようになっている。足が速い、肩が強い、これは練習しても限界があり、持って生まれた才能によるところが大きい。
 
このように、裏方の力があって、チームの好調は維持されている。裏方できちんと支えてくれる人がいるところは、野球だけではなく、企業の成績も伸びている。人の力の重要性を、改めて感じさせられている。
 
 
 
 
参議院議員・医師 桜井充
 
 
 
 
 
 
【秘書のつぶやき】
桜井充秘書庄子です。
ゴールデンウィークの最終日、5月7日はフランス大統領選挙の決選投票です。候補者同士の最後のディベートを昨日終え、報道ではマクロン候補の優勢が伝えられています。支持率の差などから、順当にいけばマクロン氏で決め打ちだろうと思いますが、中間投票で脱落したメランション氏の支持者(若年層ほど支持が高い)を中心に「両候補者受け入れがたい」とするデモも起きており、白票や棄権がどれだけ出るかが気になります。米大統領選挙でのサンダース氏しかり、惜しくも決戦の場に臨めなかった候補者の支持者……少数意見を汲み上げる手法がそもそも選挙制度に欠けており、中間投票ですべての候補者に支持する順位を付けられるようにするなど、改善の必要があるように思うのですが……。(庄子真央)