事務局ブログ blog page

2017年11月16日 (木) 19:23

桜井充メルマガ:「我が党をどうするべきか」


組織委員長を拝命したが、今度は、森友・加計学園追及チームの座長に任命された。昨日第一回の会合を開いたが、政府の説明はひどかった。何故ならば、大学設置審の議論の情報公開は不十分であり、役所は国民の知る権利を保障しているとはとても思えなかったからである。
 
さて、民進党の支持率は1%台であり、国会議員の数で言えば、野党第一党なのだが、支持率では野党の5番目に落ちてしまった。この民進党をどのように再生するのか、それが私たちに課せられた課題である。
 
地方議員の皆さんとの意見交換では、地方組織を残して欲しいという声が圧倒的である。この声に応えるべく、県連組織は維持することにした。問題は財政的支援である。何故ならば、県連を支えるために国会議員がお金を拠出していたが、その国会議員が激減してしまったからである。
 
一方で、再来年統一地方選挙が行われる。この選挙を民進党で戦おうと思っている地方議員がほとんどいないのも事実である。この支持率の政党で戦えば、明らかに不利になることを知っているからなのだと思う。
 
地方組織を残して欲しいという一方で、この党では戦えないという矛盾を解決するためには、やはり党の支持率を回復していくことである。あるいは、新しい党を立ち上げなければならないのではないかという声もあって、そういった意見があることも含め、安倍政権を倒すためにどのような政党に生まれ変わるべきか、仲間と検討していきたいと考えている。
 
 
 
参議院議員・医師 桜井充
 
 
 
 
 
 
 
【秘書のつぶやき】
桜井充秘書庄子です。
座間での事件を受け、政府は自殺に関する不適切なサイトや書き込みの削除・制限等の規制の検討を始めました。容疑者と被疑者らがネットを通じて接点を持ったことは確かですが、単なる規制は抜本的な解決にはならず、規制して、規制から逃げて、といういたちごっこになるのではないでしょうか。
朝日新聞が11月4日の朝刊で、7月の九州北部豪雨においてツイッターで発信された救助要請を分析していました。当時、少なくとも224件のツイートが約4200万の利用者に広まったものの、実際に警察や消防に通報され、救助に結びついたのは1件のみ。災害時の緊急手段としてSNSが活用される一方で、それを救助に繋げる仕組みが整っていない現状が浮き彫りにされています。
自殺に関する書き込みについても同様に、そうした発信をキャッチするアンテナや、受け皿づくりを進めなければならないと思います。(庄子真央)
この記事を表示
2017年11月09日 (木) 18:34

桜井充メルマガ:「組織委員長を拝命しました」

大塚新体制の下で、組織委員長を拝命した。聞きなれない役職だと思うが、地方組織や落選した議員の皆さんとのネットワークの構築等、党の再建のため重要な役割を担っている。総選挙前の方針は、参議院も地方議員も速...
記事全文を読む
2017年11月02日 (木) 18:23

桜井充メルマガ:「ピンチはチャンス」

大混乱の中にあった民進党だが、一昨日の両議院総会で、大塚耕平参議院議員を選出し、新しい党の顔が決まった。党が一丸となって出直すためにも、代表選挙を行わないほうが良いと思っていたので、そのようになって良...
記事全文を読む
2017年10月30日 (月) 16:39

「既存流通は金融資産化で」

先日、桜井議員が住宅産業新聞より住宅政策についてインタビューを受け、添付の通り、掲載されました。持ち主にとっての住宅、関連業界にとっての住宅について両面から今後の政策について考えを述べております。<抜...
記事全文を読む
2017年10月26日 (木) 19:13

桜井充メルマガ:「逃げまくる総理」

衆議院選挙が終わった。公示の前の予想とは全く違って、自民党が圧勝し、立憲民主党が野党第一党になった。自民党が圧勝したのは、自民党に対する支持が高かったということではなく、野党が分裂したからである。&n...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>